2017年03月18日

テレビの

コマーシャルは、番組そのものと違い、
見る側でいちいち選ぶ訳にも行かない。
会社のオフィスらしき場所で、
社員が同僚に何かを尋ねると、
その上司と思われる男性が一言二言話すだけなのだが、
初めに質問をした女性が、何故か笑う。
上司の言葉に反応しているのは分かるが、
若い女性が「大笑い」するだけの理由が分からない。
と云うか、不快感が先に立ってしまう。これも加齢のなせる業か?

 「日本史探訪・オノコロ共和国」
    http://www.ten-f.com/

posted by ダダさん at 10:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

鉢植えの

ツクシが芽を出した。
散歩道のものより一週間の遅れだ。
陽当たりは、さして変わらないと思うのだが、
植物にとっては違う環境に感じるのだろう。
接眼レンズを持っていないので、
接近して撮る画像は、ほぼ全てピンボケになる。

  「日本史探訪・オノコロ共和国」
     http://www.ten-f.com/

IMG_5043.JPG
posted by ダダさん at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

天皇家の

礎を築きあげたのは少彦名命の後裔たちだった。
同じ天孫族でも、天目一箇命の子孫は、
神話などの中で「良い」存在として描かれてはいません。

  「少彦名命は古代天皇の祖神」
    http://www.ten-f.com/sukunahiko-to-daioutachi.html
   サイトのトップページ 「日本史探訪・オノコロ共和国」
    http://www.ten-f.com/

IMG_5034 (800x532).jpg
posted by ダダさん at 11:04| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

ツクシの

姿を目にする時期が来た。
まだまだ風は冷たいけれど、
お日様の光が力強さを取り戻して、
春が日一日と進んでいる。

  「日本史探訪・オノコロ共和国」
     http://www.ten-f.com/

IMG_5039 (625x800).jpg
posted by ダダさん at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

応神天皇の

出自については種々と説があるようですが、
オノコロ共和国では、
垂仁天皇の娘婿である稲背入彦命という人物が、
本当の父親ではなかったのか?
という仮説を立てています。

 「宇佐神宮と応神天皇と稲背入彦命」
    http://www.ten-f.com/usa-to-inaseirihiko.html

  サイトのトップページ 「日本史探訪・オノコロ共和国」
    http://www.ten-f.com/

posted by ダダさん at 11:49| Comment(0) | 応神帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

梅は

紅白の花弁が定番だが。
種類もいろいろあるようで、
毎年のように訪れる寺院の庭には、
少しだけ黄緑色の花が咲いている。
紅梅のような華やかさはないけれど、
何か気品のようなものを感じさせる。
 
 サイトのトップページ 「日本史探訪・オノコロ共和国」
  http://www.ten-f.com/

IMG_5001 (532x800).jpg
タグ: 紅白 黄緑
posted by ダダさん at 09:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

天皇や

豪族たちは大きな古墳を造営して、
自分たちの存在を誇示しました。
六世紀初めころの継体天皇たちは、
わざわざ九州から石棺材を取り寄せたと考えられています。
それが阿蘇ピンク石と呼ばれるものです。

  「阿蘇ピンク石と継体天皇」
    http://www.ten-f.com/pinkishi-to-zaougongen.html
  サイトのトップページ 「日本史探訪・オノコロ共和国」
    http://www.ten-f.com/

IMG_4862 (800x532).jpg
posted by ダダさん at 10:36| Comment(0) | 継体天皇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする